新橋・銀座・青山・田町 書道サークル   
トップページ 会費について 
 

感性のみずみずしい幼少期にこそ書道を学び、
子ども達は書道を学ぶことで、
自然に創造力や感性、集中して
物事をやり遂げる力を養うことが出来ます。 

書き順のおかしい子
落ちつきの無い子
美しい字が書けない子は集まれ!


当教室には優秀な生徒が育っています!

自分の作品を手に笑顔を見せる書道教室の子どもたち(白洲書道会 協力)

当教室では書を学ぶと共に 
礼儀正しく先生に 『よろしくお願いします』 とあいさつをして、学習が始まります。
終わると『ありがとうございました』とあいさつをし
礼儀を同時に学びます。

 利用教材
子ども達には、毎回簡単な宿題を 先生が全員にお手本を書いてくれます
次回までに、お母さんに見てもらいながら、れんしゅう して
清書を持参します。



ジャポニカ国語6マスか8マスを利用します。
一部部分拡大


おけいこの後、毎回ジャポニカ学習帳にお手本を先生が書いてくれますので
次回までに清書して持参します。



 
筆を持つ前に、墨を磨ることから学びます
筆を持つ前に、墨からインクを作る小学生の女の子(白洲書道会 協力)

墨液は補助として利用し基本は磨ります

 筆を持って練習する小学生の男の子(白洲書道会 協力)

 集中しなければ書き上げることが出来ない。
集中し緊張して、息が苦しくなりながら書いている内に
自然と呼吸に合わせた筆運びが出来る様になります。

子ども達は書道を学ぶことで、自然に創造力や感性、
集中して物事をやり遂げる力を養うことが出来ます。

ひいては他の教科においても
良い効果が出ることが
立証されています。