7月4日・19:00放送 TBS「ザ・今夜はヒストリー」
書道教室トップページ  会場と稽古日  中本白洲プロフィール 
 19:00 世紀のワイドショー!ザ・今夜はヒストリー  
世紀のウエディング!!川将軍・家茂と皇女和宮の挙式に完全密着!この番組に中本白洲揮毫作品が紹介されます。.

番組内容

今夜は1862年にタイムスリップ。皇女和宮が徳川将軍・家茂と世紀のウエディングを行ったその当日。盛大な結婚式の様子をTBSが独占生中継!次々と明かされる驚愕のセレブ婚の実態とは!?さらに和宮嫁入りの裏には幕末の動乱に関わる巨大な陰謀が渦巻く!スタジオではめくりボードを使ってあの篤姫との嫁姑バトルを徹底解説

 和官親子内親王から天璋院篤姫に宛に書かれた目録を中本白洲が揮毫しています
 

和宮 親子内親王(かずのみや ちかこないしんのう)弘化3年は、仁孝天皇の第八皇女。孝明天皇の異母妹。江戸幕府第14代将軍徳川家茂の正室。

「和宮」は誕生時に賜わった幼名で、「親子」(ちかこ)は文久元年(1861年)の内親王宣下に際して賜わった諱である。家茂死後には落飾し、静寛院宮(せいかんいんのみや)
と名乗った。江戸時代のみならず日本史を通じて、皇女が武家に降嫁し、関東下向した、唯一の例である

 

江戸開城とは、江戸時代末期の慶応4年(1868年)3月から4月にかけて、明治新政府軍と旧幕府(徳川宗家)との間で行われた、江戸城の新政府への引渡しおよびそれに至る一連の交渉過程をさす。 江戸城無血開城 の嘆願書の紹介は番組の都合にて放映されなくなりました。


 
 『天璋院篤姫の西郷隆盛に宛てた江戸城無血開城の嘆願書』を中本白洲が揮毫。
下記に一部を紹介します