書道雑誌『不二』 4月号の漢字半紙課題解説  
                                

書道教室トップページ 貫名菘翁  高野切第三種(10〜6級  曼殊院本古今和歌集  白洲臨書手本  中本白洲の紹介

漢字半紙の課題

10級の人も、力の付いてきた6級の人も同じ課題です。
画数の少ない文字も書いてみると結構難しいものです。

起筆、収筆の筆法で貴方の実力を発揮ください。
線のリズム、遅速を見ると熟練度が判るものです。
 
粉連半紙 
中本白洲 臨
使用筆:長峰捲心(玉川堂製 4号)

     

横線が2本以上の場合

1 画目の線は下にそり、しなりの方向に注意
2 画目は直線的
3 画目は上にそる様に表現すると
3 本の線がそれぞれ響きあいます。

 
       
貫名菘翁(ぬきな すうおう)の臨書課題

海屋菘翁が一般的に知られている。

こちらも参照ください
菘翁  
5級〜1級の課題 

中本白洲 臨
使用筆:長峰捲心(玉川堂製 4号)
  
粉連半紙 

高野切第三種 
10級〜6級の課題
 

左に名前を書く空間を少し取りましょう!


曼殊院本古今和歌集
伝 行成と伝えられっているが他説が強い。書風は穂先のよく効く筆でかかれ繊細で鋭利な線質。
優美な線質で自然で澄み切った作品です。 

5級〜1級の課題



 
中本白洲 臨
使用筆:唐筆 写巻 小  上海工芸